Uレジ FOODについてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30

【 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください】

Uレジ FOODについてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30
このページを閉じる「close」

【 Webからのお問い合わせはこちら】

このページを閉じる「close」

飲食店

あや鶏 博多筑紫口店

「やろうぜ!九州!」を経営理念に掲げ、九州7県に数多くのブランド、約50店舗の飲食店を展開する株式会社 Be BLOOM。ブランドそれぞれに地鶏や海鮮といった異なるコンセプトを描きながらも、その軸となるのはあくまでも九州の郷土料理。料理はすべて九州産の特選素材を使用し、九州にしかない豊さや魅力を伝え続けています。
新規店舗オープン時のオペレーショントレーニングやレジ設定に課題を抱えていた株式会社 Be BLOOM。本社システム担当の矢野 力也さんにUレジ FOOD導入による効果を伺いました。

Uレジ FOODの導入事例 飲食店「あや鶏 博多筑紫口店」インタビュー写真

voice 01

オペレーションミスを減らすレジの直感的操作

UレジFOOD を導入する以前は、アルバイトの方のオペレーションミスが頻発していました。それは、具体的にはオーダーの打ち間違いのような小さなミスがほとんどなのですが、それによってお客様を待たせてしまったり、レジ締め作業時の過不足にもつながったり。そういう状況になってしまっていたのには、実は背景があって……。
株式会社 Be BLOOMは九州全体に店舗展開しているため、スタッフのトレーニングがなかなか行き届いていなかったんです。ただ、分かってはいてもその状況を変えることは簡単ではありません。そういった中で、使用する側のレベルを上げるよりも、使う側がより扱いやすいレジにする方がいいという決断に至り、Uレジ FOODを導入させていただきました。
Uレジ FOODは使用する端末自体がiPad、ハンディはスマートフォン端末です。若い方のほとんどがスマートフォンを普段から使っているので、これならアルバイトの方たちでも直観的に操作できる。慣れた操作ならオペレーション改善にもつながるのではないかと考えて導入したところ、それがうまく機能し、目に見えてオペレーションミスは減りました。加えて、初期費用の面も決め手になりました。通常のPOSレジを導入するとなると、それだけで何十万円もの費用がかかります。それに比べるとUレジ FOOD はiPad だから各段に安い。ランニングの費用はありますが、それでも全然違います。
元々、USENのBGMを入れていたので、レジもUSENにすれば一元管理化できるということもありました。問い合わせ先はUSEN 1本でできるので運用もしやすくなりますしね。

Uレジ FOODの導入事例 飲食店「あや鶏 博多筑紫口店」インタビュー写真

voice 02

導入時のメニュー登録、運用トレーニングも安心

新規店舗がオープンする際に、レジの設定やメニュー登録までサポートしてもらえるのも、すごく助かっています。
これまでは、新規店舗がオープンするたびに新しいレジを入れて、店舗で設定や登録を行ってもらっていたのですが、非常に時間のかかる作業ですし、正直、その時間は無駄ですよね。店舗では、お客様対応やハンディの練習などに時間を割いてもらった方が当然有意義だという思いがあったので、Uレジ FOODに替えて、本部とUSENとのコミュニケーションだけでほとんど全ての準備を済ませられるのは、大幅な時間削減につながっていると思います。
それに、設置後の運用トレーニングがすごく短いのにも驚きました。私自身、システムサポートの仕事を経験したことがあるので分かるのですが、初めて使う人に対して教育するのにはすごく体力と時間がかかるんですよね。でもUSENのトレーニングは工事含め大体半日とかで終わるんです。これまで数日に分けて行っていたものがたったの半日で使える状態にしていただいているので、説明がすごく上手なのか、やはりiPadでの操作が直感的にわかりやすいのか、いずれにしても嬉しい誤算でしたね。
うちでは社内でコールセンターを設けており、これまでは多くあったレジ操作に関する問い合わせ数も、Uレジに替えてからは明らかに以前より減っています。操作が分かりやすくなったので、疑問に思うところが随分と減っているのではないかと思います。

Uレジ FOODの導入事例 飲食店「あや鶏 博多筑紫口店」インタビュー写真

voice 03

店舗グループ設定でブランドごとの一括管理も可能

店舗グループ設定機能については、今後さらに活用していきたいと思っている機能です。
うちの会社でいうと、各ブランドごとにグルーピングをして、本部の管理のもと、特定のブランドに対して一括でメニュー変更をすることも可能です。
例えば“ビールの単価が変わりました”というような場面でも、各店舗で設定してもらわなくても済むので、今よりも格段に運用が楽になるのかなと思います。グランドメニューは本部から一括で変えて、店舗にある固有のメニューについては店舗で設定するというように運用できれば理想ですね。
一括管理できるというのは、うちのような多くの店舗を展開する会社にとっては非常に大きなポイントで、売上分析の場面でも活用しています。ブランドごとの売上確認もできますし、時間帯別の売上も出せるので、ランチ営業をしている所だと、本当にランチ営業やるべきかどうかの指標になりますし、ピークが来る時間帯を割り出して、人員を増やすこともできます。また、本部では基幹システムを使用しており、Uレジ FOODの売上データはそちらに連携しています。
Uレジ FOODは、連携するときの自由度が高いので、データ活用の幅を広げられていますし、後からこれも連携しなきゃいけなかったという時の継ぎ足しの対応がしやすいのもうれしいですね。

USER INFOMATION

お客様の声一覧に戻る

導入をお考えの方は
こちら

【 Webからのお問い合わせはこちら】

【 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください】

Uレジ FOODについてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30

USENお客様サポート

操作方法・トラブル時の対処法など

店舗ITソリューションサービス一覧

タブレットPOSレジ

無料!資料請求・お問合せはこちら