Uレジ FOODについてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30

【 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください】

Uレジ FOODについてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30
このページを閉じる「close」

【 Webからのお問い合わせはこちら】

このページを閉じる「close」

飲食店

幸楽苑 つくばみらい店

昭和29年創業、全国に展開するラーメンチェーン店「幸楽苑」。
1番人気の中華そばをはじめ、リーズナブルなお値段で提供される数々のメニューは老若男女問わず、多くの人々に長年愛されています。
お客様のニーズに寄り添う――。
新型コロナウイルスの影響により、安心・安全なサービスが求められる中で、幸楽苑ではセルフオーダーアプリ「Uレジ TTO」、
そしてセルフ精算機としても活用できるハイブリッド型券売機「Uレジ Ticket & Pay」での運用を開始し、非接触で注文から決済までを行える仕組みを構築しています。
今回、幸楽苑のエリアマネージャーを務める佐藤様、つくばみらい店の店長である井上様から導入の経緯や利用してみての感想などをお聞きしました。

Uレジ FOODの導入事例17 飲食店「幸楽苑 つくばみらい店」インタビュー写真

voice 01

お客様に安心・安全を提供する

佐藤:コロナ禍という状況もあり、非接触型の安心・安全なサービスをお客様に対して提供したいと考えていました。これらを実現するためには、Uレジ TTOやUレジ Ticket & Payを使ったセルフオーダー、セルフレジが良いのではないかという話が社内で挙がったんです。

コロナ対策を行っていないお店にはお客様も足を運ばなくなると思いますし、お店側としても対策は行っていて当たり前です。お客様のニーズにお応えするという意味でも必要な導入でした。

また、フロアのオペレーションを省人化することで人件費を圧縮、利益を出しやすい体質にし、その利益をお客様に還元していこうという狙いもあります。

会社としては実験的な側面もあるのですが、非接触型は時代のニーズでもありますし、人手不足は飲食店の慢性的な問題でもあります。この双方を解決してくれるサービスとして、つくばみらい店を含め数店舗に、実験的に導入し運用を開始しています。

Uレジ FOODの導入事例17 飲食店「幸楽苑 つくばみらい店」インタビュー写真

voice 02

フードコートスタイルでお客様との接触を極力避ける

佐藤:Uレジ TTOとUレジ Ticket & Pay導入前はお客様のテーブルへスタッフが注文を伺いにいくごく普通の接客スタイルでしたが、導入後はフードコートのようなスタイルに変更して営業しています。

井上:お客様は入店されたらテーブル上のUレジ TTOから商品を注文し、注文が送信されたらスタッフが調理を開始。出来上がった商品を厨房のカウンターまでお客様ご自身で受け取りにきていただきます。食事後は出入り口前のUレジ Ticket & Payにてお会計をしていただくという流れです。

佐藤:極力お客様との接触を避けるということでこのようなスタイルにしています。

井上:注文もお会計も若い層の方々は難なく、年配層の方々も楽しんでメニュー選びをしていますし、お会計もお困りであればスタッフと一緒に操作を行います。多くのお客様は1度ご説明すると「わかった」と言ってくださるので、次に来店された時は、楽しく注文して、お会計をしてお帰りになっていただけると思います。
それに、注文、お会計という部分をセルフ化したことで、スタッフは集中して商品作りに専念できるというメリットがあります。商品の提供スピードが上がっていますし、クオリティも今まで以上に向上、安定しました。

Uレジ FOODの導入事例17 飲食店「幸楽苑 つくばみらい店」インタビュー写真

voice 03

Uレジ TTOの導入で客単価5%アップ

佐藤:Uレジ TTOはタブレットの画面上に自動でおすすめメニューが表示されるので、お客様は今までよりメニューの選択肢が広がっているのかなと感じます。

例えば、いつも中華そばしか食べない方が、画面上の鳥白湯ラーメンを見て「あっ、そんなメニューがあったんだ」と、注文をいただくケースもあります。今まで認知されていなかった商品がTOP画面に出ることで客単価のアップにも繋がっていますよ。

具体的に言えば、導入後は5%増という実績を上げています。これまでは客単価を上げようと思ったらおすすめメニューを従業員からご案内させていただいていましたが、タブレットだと自動で表示してくれるのでとても助かっています。

おすすめメニューの表示だけでなく、タブレットによる追加注文しやすい状況が売上げアップに貢献してくれていると思います。

Uレジ FOODの導入事例17 飲食店「幸楽苑 つくばみらい店」インタビュー写真

voice 04

ピークの時間帯に1名のスタッフを削減

佐藤:Uレジ TTO、Uレジ Ticket & Pay があることで、スタッフの数はピークの時間帯に1名減らすことができています。週間だとおおよそ20時間分ぐらいの人件費削減に繋がっていますね。1人減ってもこれまでと変わることなく店舗を回すことができています。

井上:今までは人がレジを担当していたので、店内のオペレーションとしてはどうしてもオーダーを伺ったり、商品提供が優先になっていました。そのため、レジでお客様をお待たせしてしまうとういことがたびたび起きてしまっていたのですが、今はセルフレジですのでお会計をお待たせすることもありません。スタッフの数が足りていても課題として残ってしまっていた部分が解決できています。

Uレジ FOODの導入事例17 飲食店「幸楽苑 つくばみらい店」インタビュー写真

voice 05

今まで起きていたミスが0になる

佐藤:我々は人間なので注文やお会計のミスが付き物と言うとおかしいですけれども、オペレーションを完璧に行うことは難しいです。ですが、Uレジ TTO、Uレジ Ticket & Pay導入後は今まで起きていたミスが0になりました。例えば、オーダーを取りに来ない、商品が間違って届かない、レジで待たすことがないなど、このようなことがなくなるのは、お客様もそうですが、スタッフにとってもプラスですよね。

お客様とのコミュニケーションが減ってしまうのは寂しい部分ではあるのですが、それでも、安心してお店に足を運んでもらうこと、飲食店の人手不足という問題を解決することを考えた場合には、Uレジ TTO、Uレジ Ticket & Payはこれからの時代に必要なサービスだと思います。

USER INFORMATION

お客様の声一覧に戻る

導入をお考えの方は
こちら

【 Webからのお問い合わせはこちら】

【 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください】

Uレジ FOODについてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30

USENお客様サポート

操作方法・トラブル時の対処法など

店舗ITソリューションサービス一覧

無料!資料請求・お問合せはこちら